福祉 平均年収について

福祉職種の平均年収と今後の展望

高齢化社会と言われている日本で、福祉に関わる職種は人材が非常に求められると思われます。
しかし、注目されているのが福祉職の収入ではないでしょうか。
仕事として就く以上はやりがいはもちろんですが、生活のことも考えなければいけません。
そんな職種別の平均年収は具体的に調べてみました。
ホームヘルパーの職種で平均年収は287万円だそうです。
もちろん、施設や会社等で大きく左右されることもありますが、だいたい年収300万円前後と把握しおいてよいかもしれません。
また国家資格を有する職種である社会福祉士の年収は、年齢によって開きはあるものの200万円から600万円未満だと言われています。
ソーシャルワーカーの場合は、20代よりスキルや経験豊富な40代の方のほうがもちろんお給料が高い傾向にあります。
しかし、難しい資格を取得するには一定の経験や年数が必要になります。
他の職業よりも年収が低いと言われていますが、今後労働内容、収入の面と様々な変化見込まれます。

Copyright(c) 福祉 平均年収 All Rights Reserved.