福祉 平均年収について

介護福祉士の仕事と平均年収

介護福祉士は国家資格を有する職種として知られています。
その仕事内容は介護の現場での実践であり、より専門的なケアを高い知識と技術を持って行うことができるスペシャリストとして求められる職種です。
現在、介護の現場での人材不足が問題になっていますが、人材の数もさることながら、専門家としても技術や知識も求められることが必須です。
介護福祉士の給料は就職した企業や事業所によって本当に様々ですが、平均年収としては300万円前後と言われています。
資格手当として、3000円から10000円が加算され給料に反映されることが多いそうですが、これも様々な企業や施設によります。
より良い諸条件を求めて福祉業界は転職が多いと言われています。
今後はより専門家として重宝される人材はもちろん、経験は豊富な人材が求められる傾向にありますが、給料面での改善も求められています。
高齢化率はどんどん高まっていく現代で、今後もより注目される職種になることは間違いないようです。

Copyright(c) 福祉 平均年収 All Rights Reserved.