福祉 平均年収について

福祉を改めて考える時

福祉と聞くと高齢者とイメージするのは、年寄りが身近に居たからだと思います。
しかし、ニュースで問題が起こると他にも使われる福祉の名称で児童・障害者・介護と種類がある事を知りました。
日常生活を送っていてあまり関心がない事も施設で問題行動がありニュースで目にすれば世間から注目され実情が浮き彫りになります。
現在は高齢化社会で施設で働いている方の過酷な環境が報道されているのを目にしました。
もちろん高齢者福祉だけではなく児童・障害者なども同じく閉鎖された状況で国からの補助も無い事が実情です。
人をもう少し雇えればそれぞれの負担が減り事故防止や目がいき届く分サービス向上ができるはずです。
と経営者は頭を悩ませている事を知りました。
また専門職にも関わらず平均年収が低い事には驚きました。
必要としている方がいる中で需要と供給が伴っていないように感じました。
この専門職に就きたいと志して仕事をしても平均年収が低い事は避けては通れない問題だと思います。
困っている人に手を差しのべられる世の中になればこの上なく幸せで平和に暮らせると思います。

Copyright(c) 福祉 平均年収 All Rights Reserved.